FC2ブログ
TOPスポンサー広告 ≫ トヨタ博物館①TOP初心者カメラマン ≫ トヨタ博物館①

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

トヨタ博物館①

名古屋へ行った際に、トヨタ博物館へ寄ってきました。
クルマ好きにも色んな種類の車好きが居て、車そのものが好きな方にはとても楽しい博物館です。

DSC_3791.jpg

とても全部の車を掲載出来るほどと簡単には言えない量…。
なんとなく気に入った写真と全体的な雰囲気を。

DSC_3798.jpg

入り口に展示してあるModelAAは1936年トヨタ自動車初の生産型乗用車。
この車輌はレプリカですが、水冷直列6気筒3400CCで64psを絞り出す。
なかなかのパフォーマンスだったでしょうね。

DSC_3802.jpg

クラシックカーの展示車輌は本当に凄い数だった。
椅子を見ると、馬車から発展したんだなと凄く感じます。

DSC_3823.jpg

この棒がハンドルだとは誰も思うまい…。

DSC_3804.jpg

そして、自転車ハンドルに似た形へ。

DSC_3815.jpg

ここまで来ると、今と基本構造は同じですね。
ただし、物としての質は今とは比べ物にならないくらい高いです。
量産には凄く時間が掛かると思いますが。

DSC_3837.jpg
3輪で走る、モーガンエアロ。
この剥き出し感が堪らない。

DSC_3842.jpg

DSC_3841.jpg
フロント1輪のイギリスのリライアント ロビンを何故か思い出した。
リア1輪だから、安定性はこちらの方が遥かに良いでしょうね。

DSC_3825.jpg
スタンレー スチーマー モデルE2
緑と黄色のホイールってのがオシャンティですよね。

DSC_3819.jpg
キャデラックモデルサーティー
キャデラックは昔から格式高い車屋だなと感じます。

DSC_3844.jpg
MG-TCからのオースチン ヒーレー スプライト

とにかくノスタルジックカーに辿り着くまでのクラシックカーの多さに見ているだけで疲れます…。
さすがにクラシックカーには思い入れがあると言う事は無いのでサクッと見るかと思ったんですが、サクッと見るにもかなり時間が掛かります。
関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

カウンター
プロフィール

pod卿

Author:pod卿
迷った時は、両方買え!

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
欲しい物リスト
おすすめPCパーツ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Powered
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。